人生最大の修羅場

535: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/23(火) 07:31:30.52 ID:rVKftjXc
久しぶりに実家に帰ったら家がなかった。 
更地になってる我が家を前に呆然としてたら、隣のおばさんに話しかけられたので事情を聞くと 
我が家の経済を担っていた私が失踪してから、毎日夜遅くまで大喧嘩していたらしいが、ある時二人揃って車で外出し、それきり帰ってこなかったらしい。 
置き去りにされたゲーム廃人でヒキニートな弟は、しばらくお隣でご飯を貰っていたらしいが 
流石にいつまでも面倒は見られないと拒否したら、庭の植木鉢を振り回して暴れたのでkにお持ち帰りして貰ったと言われた。 
ちなみに今回実家に戻ったのは、結婚が決まったので様子を見るため。 
浮気性パチンカスな父と寄生体質長男マンセーな母に上記の弟を、二年計画で捨てた私の決断は間違っていなかったようだ。

この記事の続きを読む

399: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/15(月) 09:51:57.61 ID:PW4HlZFX
小学3年生の時の修羅場。 
私の父は転勤族で、3年生の2学期に大阪から徳島の小学校に転校した。 
転校生は珍しいらしく、クラスのみんなは初日からよく声を掛けてくれて 
給食を食べたあと5時間目が始まるまで校庭でのドッジボールに誘ってくれたんだ。 
運動は割と得意だったら、すぐに溶け込めて楽しかった。 
チャイムが鳴って友達になった女の子と一緒に教室に戻ろうとしたら 
鉄棒にぶら下がってジッと私を見てる女の子がいた。 
同じ学年かひとつ上か、それぐらいの背丈も似たようなぐらいの子。 
実はドッジボールしてる最中から、私を見てることに気付いてはいたけど 
特に気にしてなかったんだ。 
でもその時は何故か、その目線に敵意みたいなものを感じて 
何だろう?と思って彼女の目線を受け止めてしまった。 
ジーーーーッと見つめてきたからジーーーーーッと見つめ返したんだよね。 
そしたら突然私に向かってすごい勢いで走ってきた。 
まさにイノシシ。猪突猛進って感じ。

この記事の続きを読む

522: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 01:22:32.78 ID:YHUGTqch
30~17年前の話。 
5歳の頃、一歳年上のA子ちゃんという子が近所に引っ越してきました。 
うちの近所は男の子ばかりで、初めて近所に女の子の友達が出来て嬉しかったのを覚えています。 
毎日どちらかの家の庭でおままごとをして遊んでました。 
そして私が幼稚園の6歳、A子ちゃんが小学校に上がった7歳の時。 
私が幼稚園から帰ってきて、玄関先(A子ちゃんはうちの前を通らないと家に帰れない)でA子ちゃんが小学校から帰ってくるのを待つってことをよくしていました。 
この記事の続きを読む

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £89

554: 名無しさん@HOME 2013/08/10(土) 22:03:01.49 0
人生の分岐点としての修羅場 

本命の大学受験で電車とバスを乗り継いでいかないといけない大学 
若干方向音痴の俺は時間に余裕を持たせるべく何度も時刻表を確認し、 
駅からは大事をとってタクシーで行こうと考えていた 
当日予定通りの電車に乗り、ゴトゴト揺られながらたまに時間を確認していた 
この記事の続きを読む

6: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/28(水) 23:06:44.45 ID:Ec8rX2nX
許可いただけたんで投下します 
即興ですいません。2つに分けて投下します 

数年前の事、某組織の所有するヘリコプターに体験搭乗で乗せていただくことになりました 
何分ヘリに乗るのは初めてで私は大興奮 
係員さんのヘルメットにヘリのローターがかすめたりするハプニングがありながらも体験搭乗はつつがなく終了 
その後はヘリの整備班長さんの案内でハンガーを見学させていただくことに 

「ここがハンガーです!」 
「このへりこぷたーはこうでこうで!!!!」 
「あ、今離陸したのが〇○という飛行機ですね!!!!!」 

テンションが上がってるのかものすごく声が大きい班長さん。 
するとあるヘリコプターの前で立ち止まりました 
なんでもそのヘリコプターは私達が乗ったヘリのマイナーチェンジ前(?)のモノらしく 
日本ではほとんど現存してないそうで、班長のトーンが上がる上がる! 

この記事の続きを読む

335: 名無しさん@HOME 2013/07/24(水) 10:54:59.69 0
聞いてください。 
つい最近解決したばかりの修羅場のことです。 
長めですがお付き合いくださいませ。 

まず前提の話になりますが私は小説のようなものを趣味で書いていました。 
ようなもの・・・という理由も趣味程度のものなので手記風だったり、ラノベ風だったり 
一般的な小説風だったりとコロコロ変わる書き方。 
恥ずかしい内容のものを書いたものもあったので結婚前も後も妻にも言ったことはなく 
ひっそりとやっていました。 

今回はその趣味が修羅場の原因。 

今年の4,5月、タレントのYさんが不倫でテレビに大騒ぎになっていましたよね。 
私はその報道を見て、「不倫を題材に小説を書こう!」とスイッチが入りました。 
今回はリアルな手記風にしてみるか・・・と資料集めを開始。 
本屋さんに不倫を題材にした小説を探しに行き購入し、女性向け週刊雑誌を買い、 
有名な昼ドラを見て、ネットの体験談を集め・・・。 
予定以上に集まり、それらを参考にPCへ打ち込んでいた小説の進みは非常に良いものでした。 
主人公を自分の名前にし、不倫相手は実際にはこんな人おらんやろ!というくらい自分の希望を 
詰め込んだ人物像にしたので、元来想像力逞しい私は架空の人物にハァハァと興奮。 
傍から見ればPCを見てニヤけているのは大層気持ち悪かったと思います。 
途中何度か妻に何してんの?と聞かれることはありましたが「面白いサイト見てるだけ」 
とそれらを載せたHPやブログを見せて一緒に笑い、「ちょっとエッチな画像みてた」と 
言ったときは軽く叩かれはしましたがそれで終わりました。 

ですが・・・妻の不信感は拭えなかったんですね。 
このとき正直に言ってればよかったととても後悔。

この記事の続きを読む

431: 名無しさん@HOME 2013/04/26(金) 14:52:38.33 0
結婚2年目に貯金2000万を失ったこと 

ある日突然元嫁が消えた 
数日後に離婚調停の呼び出しで俺混乱 
俺のDVが原因による離婚だと説明されるが、一切身に覚えが無くさらに混乱加速 
正直、修羅場中の記憶がほとんどない 

・元嫁が俺からの精神的肉体的DVを受け続けたと主張 
・詳細な日記や打撲の診断書が証拠 
・俺の貯金は結婚後の共有財産として処理 

DVについては完全にでっち上げだったが、やってない証拠をだせずに俺の一人負け 
でっち上げ日記がそれはもう事細かに書かれていたらしく、疑う余地が無い程だったとか裁判所の人に言われた 
この記事の続きを読む

531: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 18:03:21.14 ID:rAqPkTbG
小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた。 
自分は見た目は全くアレだったが、成績が女の子で一番よかったのと、 
祖母が厳しかったので素行もよく見えて、息子の嫁に!って妄想されてたらしい。 

この記事の続きを読む

625: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/15(水) 08:13:51.21 ID:rWzUJN9C
一年前だが、娘が実は俺の子じゃないことが発覚して離婚した。思い出しながらだから間違ってたりおかしかったりするだろうけど 

当時 
俺38歳 
看護師でブサオタ。腹黒鬼畜だけど自分より弱い者には優しいかと思う。患者アンケートで看護師人気No.1に良く選ばれるくらいには外面はいいはず。 
料理好き。 

元嫁37歳 
美人で我の強いタイプ。家事が苦手で、昔娘が言った「ママのご飯よりパパのご飯が好き」により食事を作らなくなったりと、家事放棄気味 

娘15歳 
嫁に似て可愛い、嫁に似ず性格もよく勉強も運動も出来る、家事も良く手伝う自慢の娘だった 

元嫁の浮気相手 
42歳 
とある企業の大幹部。渋い感じのイケメン。元嫁と結婚前から付き合いがあったらしい。娘の実の父親

この記事の続きを読む

618: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/14(火) 00:32:26.96 ID:c4MI3Uhq
会社で取締役が急に椅子から転げ落ちた。 
慌てて近くの席の人が駆け寄るも、意識不明でうめき声を上げるだけ。 
今までそんな事が無かったから職場は騒然。 
皆駆け寄って場所の確保をしたり、救急車を呼んだり、てんやわんやの大騒ぎ。 

この記事の続きを読む

657: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/17(金) 09:33:28.52 ID:BVg1SDXk
数年前の修羅場。ちょっとフェイク有。 

数年前の12月、首都圏で一人暮らししていた妹が「探す必要はないです」と書き残して行方不明になった。 
三年付き合った彼氏と妹は婚約したばかり。この状況でいなくなるなんて有り得ない。 
この記事の続きを読む

727: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/23(木) 14:35:40.73 ID:sjqGDHBi
プチですが。 

以前いた会社に、既婚お局(若い新人をイビル、派閥を作って威張る)がいた。 
そのお局には、しょっちゅう一緒に喋っている、仲のいい新入社員の男がいた。 
早朝出社した時、お局が男の背広きて男にくっついてるのを見ても 
あー、仲いいんだーくらいにしか思ってなかった。 

この記事の続きを読む

735: 1/3 2013/05/28(火) 13:03:26.01 ID:cxXtgc2w
山で遭難して大捜索なんてニュースをみてカキコ。 
私のではなく私の父が遭遇したプチ修羅場。 
父は定年した後、市の歴史探索の会に入会している。 
普段は、公民館で研究家の人から色々な郷土の歴史について学び、 
年に数回、バスで遠方の有名なお寺や城跡へ日帰り研修旅行に行くのが活動内容。 
この記事の続きを読む

743: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/28(火) 17:15:02.07 ID:2+YVRU+E
数年前の修羅場。 
当方女ですが、男の声を出せるという特技があります。 
女声優がやる少年の声みたいなんじゃなくて、野太い、ほんとに普通に男性の声です。 
スラムダンクのゴリみたいな声です。 
この記事の続きを読む

805: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/31(金) 10:19:21.36 ID:NjSVe3Hn
私の家は田舎の山奥で、しかも他の民家から離れて一番奥にぽつんと建っている。 
ある夜、職場の歓送迎会があり、お酒もちょっと飲んで、タクシーで帰宅した。 
いつものように大きな通りで下りて、酔い覚ましに家までの300mほどをとぼとぼと歩いて帰っていると、ジャラ・・・・ジャララ・・・・と背後から音がした。 
この記事の続きを読む

455: 名無しさん@HOME 2013/04/09(火) 01:31:39.41 0
現在進行形の脳内修羅場 

家の鍵を紛失した為、同居人が私の鍵を持 ってさっき仕事に行った。 
私の家鍵はキーケースに入っており、他に今月から働き始めた職場のロッカーの鍵が着いてる。 
正直、家鍵より一番大事な鍵。 渡された時に、「なくされたら防犯上、100以上あるロッカーの鍵全取っ替えになる」と、言われている。それ以前に信用問題ってのもある。 

同居人が鍵をなくしたのは2回目で、その他にも家の中で見当たらなくするのも数えきれない程ある。 
そんな人に自分の鍵なんて絶対貸したくなかったが、「(出勤の)時間ないから!」と、言って断る間もなくキーケースごと鞄から持ち去って行った 

現在、胃が吐きそうな位気持ち悪い…お願いだから早く帰ってきて欲しい。

この記事の続きを読む

51: 名無しさん@HOME 2013/04/02(火) 12:27:19.09 0
フェイクは入っている 

その出産のとき、私は初めてではなくて、予定帝王切開で手術日が決まってた。 
横のベッドの人(Aさん)は私よりも年上で初産、優しそうな旦那さんが毎日見舞いに来てくれてて 
何くれとなく奥さんの世話を焼き私たち同室の人に愛想もよく 
待ちに待ったお子さんの話を嬉しそうにしてて、いいご夫婦で羨ましかった。 
うちの長女にも親切で、おなかの子が女の子らしいということもあり、 
「うちの子もこんなに可愛いよい子になってくれるかしら?」なんて言われて 
とても仲良くなっていた。 

手術日、昨晩から断食して準備し、「頑張ってね!」と言ってくれた奥様に手を振って手術室に入った。 
おなかをぐにぐにされて無事出産、そのまま麻酔効果で眠った。 
目を覚ましたときはNSの横の処置室で、そこで一日過ごし、翌日から母子同室に移される予定だった。 
その晩、横の病室がばたばたとあわただしくなった。 
しかし自分は産後と言うこともあり大変眠く、誰かが産気づいたかなぁ頑張れ、とのんきに思ってまた寝た。 
次に目を覚ましたのは明け方くらい。横のベッドからの声に気付いて目が覚めたのだとすぐに解った。 
誰かがすすり泣いてる… 
細かな嗚咽の間に入る呪詛(言ってる本人への)、赤ちゃんへの侘びなどから「そういうこと」だと気付き、 
麻酔の残る腰が痛くてたまらなかったが寝返りも打てず、鬱々と3-4時間過ごした。 
そのうちに泣いてるその人がAさんだとわかり、何ともいえない気持ちのまま眠れもできずに朝を迎えた。 
このときが第一の修羅場。

この記事の続きを読む

251: 名無しさん@HOME 2013/04/23(火) 14:40:40.87 0
古い話ですが、祖父母の家に父抜きで母と弟と遊びに行った時の事です。 
祖父母の家には、母の弟の叔父夫婦が同居していました。 
叔父と祖父は仕事で、祖母と母は何かの用事で出かけていて 
私と弟が叔母に面倒を見て貰ってました。 

その当時私が小学五年生で弟が小学二年生でした。 
叔母がおやつを作ってくれていた時に玄関で呼ぶ声がしたので 
(田舎だったせいか施錠してなかった。)私が出ると知らない女性が立っていた。 
「あんた○○(叔父の名前)の子供?」と聞かれたがその当時私は叔父の名前を 
はっきり覚えてなかった。母が○ちゃんと呼んでいたので、私達も○叔父さんと 
よんでいた。その女性の勢いが怖くて「え…」と口ごもっていると 
土足で家に上がって来てちゃぶ台の前で、おやつを待っている弟を見て 
「なによ!こんな子もいるの!」と叫んだ。弟は母似で、母と叔父はそっくりだった。

この記事の続きを読む

336: 名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 03:02:01.63 0
結婚当初、嫁が愛妻弁当を作ってくれた。 
ご飯箱とおかず箱が入っていて、ご飯箱を開けたら何と牛丼が入っていた。 
余りの豪華さにおかずには何が入っているのだろうとドキドキしながら開けたら、こっちにも牛丼が入っていた。 
意味が分からず会社で一人修羅場に。

この記事の続きを読む

70: 1/4 2013/03/18(月) 12:32:35.72 0
長文を書いたことがないので読みにくかったらごめん。 
後だししないように気をつけたら長くなりました。 
フェイクは入れてる。 

数年前、父が死んだ。 
父は元々がん家系&男は早死に系の家の人で、早期退職で多めに退職金ゲット、 
単身赴任先から帰ってきて半年ほどでまさに「ぽっくり」としか言いようのない死に様だった。 
ローンの残ってた家は父の退職後は母が返していく予定だったが、名義が100パーセント父だったため? 
かなにかで、返済もなしになったといっていた。 
母は父とは10歳近く違う年の差結婚でまだ40代だった。ラブラブとまでは行かなかったが仲は良く、 
父が帰ってきたときはくっついて一緒に眠ったりして、思春期には恥ずかしくて怒りがあった覚えがある。 
父の死について、母は「嘱託で働く予定で契約もしてたのに、そちらに迷惑がかかるのが心配」といった程度で、 
仲が良かった割にはけろっとしたものだった。 
むしろ、あまり親交のなかった親戚が「嫁子(母)による殺人だ、退職金目当てだあいつは浮気している」とかうるさかった。 

しばらくして母に呼ばれ実家に帰ったとき、実家の近くでAさんという人を見かけた。 
Aさんは昔、私も所属していた子供野球のコーチをしてた人。 
それだけに子供あしらいが上手く、私も大好きだった。 
いつも笑ってて子供にも舐められやすい人だったが活動には真剣で、怒ると怖いコーチだった。 
ご近所さんといえばご近所さんなのでそのときは「Aさんだー」と思っただけ。 
で、実家に帰ったら母は言う「お母さん、再婚しようと思うの」。 
相手はやっぱりAさんだった。

この記事の続きを読む