2015年04月

164: 愛と死の名無しさん 2010/01/16 11:56:10
そういう名目(財産隠しの偽装離婚)で「あとは弁護士に任せておけばいいから」と奥さんに言い含め、 
奥さんはすっかりその気で離婚に応じて(すごくお馬鹿な人だった)、実家に帰ってて、 
その間に、奥さんが自分から養育費を拒否(そのかわり面会も拒否)財産分与も拒否、という条件で離婚を成立させ、 
本人は若いプリンちゃんと再婚ウマーwな成金の二代目を知ってる 

元奥さん、半年過ぎくらいまで丸裸で婚家を追い出されたことに気づかず、 
気づいて半狂乱になって元ダンナのところに凸したものの、 
この記事の続きを読む

151: 愛と死の名無しさん 2010/01/15 23:43:48
達の結婚式に招待されてるけど、 
いきたくない。うざい。 
ぎりで出席でもう返してるから、今更かえられないけど。 
後悔すること確実 
(結婚するやつ)幹事やれよ!!→(自分)傲慢だな・・・→1人じゃ無理だから他の子誘って、2人でやれそうだったらやるよ→ 
そしてやることに→1週間以内に店どこがいいか調べて!!→はぁ??例えばどんな?→ 
いいから現地いって調べて→それ無理→こっちは用意で忙しいから頼んでんだよ→色々それからもあり、 
幹事をウザすぎて辞退。 
ソノ後、カメラマンやれ→お断り。 
この記事の続きを読む

86: 愛と死の名無しさん 2010/01/11 18:46:39
昨年出席した結婚式。 


新婦は私の職場に派遣としてきていたA子 
新婦同僚として、私とあと二人の女子社員、そして男性上司で出席。 
披露宴の最中に、会場の扉を開けてスーツ姿の男性が「A子待たせたな!」と叫びながら登場して、 
A子は笑顔でその男性とともに颯爽と退場。 
司会者はマイクを通じて「えっ?」と声を出し、高砂席の新郎とお仲人さんは、一瞬驚いた顔をしたけど 
すぐにニコニコ。 
私達は余興と思って何が始まるのかとwktkし、上司は「卒業って映画みたいだな」と嬉しそうだった。 
でも、待てど暮せどA子は退場したままで何も始まらない。 
その後、新婦両親がバタバタと会場の外へ行ったり来たりで、やっと余興ではなく本物だったらしいと 
気付いた。 
この記事の続きを読む

56: 愛と死の名無しさん 2010/01/10 11:16:36
この前の正月休みに高校の同窓会やった時聞いた話。 
当時クラスいち変わり者といわれたA子から 
「1月1日に結婚式やるから来てくれ」 
って出席・欠席を聞かずに勝手に招待状が送られて来たらしい。 
あなたのテーブルはここで○○万円持ってきてこのうた歌ってねー 
って書かれていたらしい。 
いくら縁起がいい日だからって正月に行けるわけない。 
それにA子に迷惑かかった奴もかなりいて「同窓会に呼ばないでくれ」 
って要望がたくさんきていたと幹事が言っていたほど今でも嫌われ者だ。 
この記事の続きを読む

50: 愛と死の名無しさん 2010/01/10 02:43:19
不幸になるかもしれない結婚式の話。 

職場の同僚が婚約した。 
これ自体は大変おめでたいのが、結婚式の事を想像するにつれ、新婦(同僚)がどんどん 
ドリームちゃん化している。 

まず何に感化されたのか知らないけれど、鼠園で式を挙げたいと言いだした。 
ちなみに職場は中部地方。新婦の出身も同市内。新郎は四国。 
双方とも関東には親戚はいないらしい。 
この記事の続きを読む

34: 愛と死の名無しさん 2010/01/09 20:55:33
友人(男)の結婚式に出席した。 
新郎(友人)は自衛官、招待客も上司同僚は当然、友人も自分含めて全員自衛官。 

警察消防海保自衛隊は新郎はその組織の儀礼服を着る事が多く、 
自衛隊では出席者も制服着用がわりと多かったりする。 
その時の披露宴も新郎は儀礼服で新郎側出席者もかなりの数が制服着用で、 
新婦側の出席者からは結構注目(?)されていた。 

色々と世間の風当たりの強い組織なので気を遣う事も多いけど、 
新婦友人のお嬢さん達には制服が意外と好評だったので曹とか士の連中は普通に喜んでいたり。 
この記事の続きを読む

101: 愛と死の名無しさん 2013/10/02(水) 00:54:35.62
すいません、誘導されてきました 

高校生の時から付き合ってた義理弟(元従弟)とその恋人であった嫁子ちゃん(義弟と同い年)が今年の春に結婚することになって色々障害乗り越えてのゴールだったので親戚一同とても喜んでいました 
私も当然例に洩れず二人の結婚を祝っていて当日のスピーチを任されることになっててとてもはりきって練習してたんです 
そして当日真っ白なウェディングドレスに身を包んだ嫁子ちゃんと義弟が会場に揃った時から昨日までずっと続いた修羅場が始まりました 
突然後ろの扉が開いて嫁子ちゃんとは真逆のタイプの30代の言い方悪いんですけどギャル系のおばさんが式場に飛び込んできて嫁子ちゃんに向かって近くの机に置いてあった皿を投げつけて 
この記事の続きを読む

97: 愛と死の名無しさん 2013/10/01(火) 21:13:21.29
まだ不幸にはなってないが、 
交流が途絶えてたのに式の三か月前に突然住所をきかれ、 
理由を聞いたら結婚式するから招待状送るねと言われ、 
更にそれが12月の東北でガーデンパーティーらしい。 
新郎新婦のびっくりするほどの手際の悪さも、時期と内容も、 
もう不幸になる布石としか思えない。

この記事の続きを読む

101: 愛と死の名無しさん 2010/01/11 22:04:47
従兄弟の式&披露宴に行って来た。 
新郎新婦は良い意味でラブラブで、すごく和やかな雰囲気。 
ブーケトスはせず、披露宴で新婦が親友Aにブーケをプレゼント。 
身内のノリでAの恋人B(これも同僚)も立たされてた。 
までは良かったが、その直後職場関係の席に座っていた女性Cが激怒、Bを平手打ちした。 

AはBは職場では恋人同士の雰囲気0だったらしい。 
婚約していたから職場のほとんどの人がABの交際を知っていたけど、 
この記事の続きを読む

160: 愛と死の名無しさん 2010/01/16 10:55:55
新婦後輩として参加した披露宴。 
新郎は父親が会社経営してて、そこの跡取りで現在役付き。 
披露宴のテーブルが長細い形で、例えば会社関係のグループの隣にすぐ 
友人グループが続くという、個別に分かれてない席次だった。 
披露宴の途中から、新郎側招待客のテーブルあたりから、 
さわさわとさざ波みたいに噂話が流れてきた。 
どうも新郎実家の会社、経営やばくて倒産まで時間の問題らしい。 
でも新婦側には内緒にしてるんだとかなんとか。 
この記事の続きを読む

75: 愛と死の名無しさん 2010/01/11 11:13:27
俺は初耳だった、てのがオチだと思うから、 
嫌われてたのか存在を忘れられてかのどっちかだろうな 


不幸な結婚式 
新婦がブサだった(デブではない) 
「新婦ちゃん綺麗ねー」という前に開口一番「お兄ちゃんそっくりねー」と 
ほぼ100%の確率で言う親戚たち 
「ちょww兄ちゃんそっくりやんwww」と笑う新郎友人たち 
新婦の父親は他界しており、 
この記事の続きを読む

8: 愛と死の名無しさん 2010/01/08 21:37:18
DQNな従兄の披露宴、高校の同級生のワルガキどもが下品な余興の後、 
新郎に駆け寄り胴上げ、三度目で新郎を落っことしてしまった。 
苦痛に顔を歪める新郎、身体も動かせず救急車出動。 
腰骨、大腿骨骨折で、披露宴は新郎新婦不在で進められ、お通夜状態。 
この記事の続きを読む

72: 愛と死の名無しさん 2013/09/29(日) 21:58:35.46
ご祝儀でモトとりたがってる人多くないか? 
私の友人がそうだった 
友人Aが近々結婚式を上げるってんで今年の初めに結婚式を上げたBにどんな感じ?いくらかかる?と聞いていた 
Bの結婚式は豪華というより皆でわいわいやる感じで私もすごく楽しかった 
会場もホテルや式場じゃなくて中学?の時の友人が経営するレストランでやったしウエディングケーキはB夫母作らしい 
ウェルカムボードとか他の小物もコトメちゃん達からの贈り物だったり他の友人からの寄付だったりとあったかい式だった 
この記事の続きを読む

42: 愛と死の名無しさん 2013/09/27(金) 00:12:32.33
不幸というか、腹が立った話なんですが。 

父の兄の娘、つまり従姉妹の結婚式&披露宴に、父と参列した時のこと。 
社会人になったばかりで結婚式に参加するのは初めてだった私は母に 
「お前が変なことしたら従姉妹ちゃんが恥かくのよ!」 
と脅されていたこともあり、緊張しまくりでした。 
ドキドキしつつも式は素敵なお色直し演出あり、適度な笑いあり、おいしい料理あり。 
披露宴も終盤、新婦から父への手紙の朗読となりました。 
新婦のお父上は10年以上前に亡くなっていました。 
この記事の続きを読む

716: 愛と死の名無しさん 2007/11/27(火) 18:52:38
見ず知らずのカップルが不幸だった結婚式。 

地方の式場で行われた義妹の結婚式。 
義妹はスタイル抜群、道を歩いていると 
通りすがりの人が振り返るほどの美人。 

式の途中、お色直しで写真を撮りに行ったときの事。 
私は世話がてら式をちょっと抜けて義妹についていたのだけど 
6月の日のいい日曜日ということもあって写真室も混雑。 
どうぞ、と案内されていったら新郎とは違う人が。 
「相手が違いますが?」といったら式場の人があわてて 
ではこちらへ・・・と案内されようとしたとき  
この記事の続きを読む

281: 愛と死の名無しさん 2013/01/09(水) 16:16:58.34
流れぶった切って自分だけがプチプチ不幸だった結婚式 
私は三人兄弟の真ん中で、兄と弟は父似、私は母似 
兄は私と年子で、10年前にもう結婚していて、兄嫁さんは兄の3つ上 
その兄嫁さんは母と少し似ていて、私とも少し似ている 
多分父がいないところで見たら、兄や弟より兄嫁さんと姉妹に見えると思う 
旦那にも紹介しても、そんなような事言われたから客観的に見てもそうなんだろう 
これが前提 

親族の写真撮影の時のこと 
並び順をどうしようかしてる時、カメラマンが仕切ってくれてたんだけど 
その時の一言 
この記事の続きを読む

966: 愛と死の名無しさん 2010/02/05(金) 19:43:13
何年か前に出席した結婚式の話。 
新郎新婦両方共と同じ大学で結構仲が良い。 
式が始まる前に新郎に「サプライズで新婦のために歌歌うんだよ。」って教えてくれた。 
そいつ歌うまかったし新婦泣いちゃうんじゃねーの?wなんて話しをしてた。 

そんで式も始まりハプニングもなく順調に進みそろそろ終わりに近づいたとき、司会の人が「ここで新郎から新婦への歌のプレゼントです!」って言った。 
何歌うかは聞かされてなかったんで楽しみにしてたんだが、よりによってそいつが選んだのがジェームス・ブラントのYou're Beautiful。 
この記事の続きを読む