2014年09月

589: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/24(金) 10:44:30.40 ID:4ad3ePMJ
付き合い始めのある日、彼の仲の良い先輩が結婚し、私も一緒に家に遊びに行くことになった。 
先輩宅に着くと、奥さんが簡単な料理を作って出してくれた。 
すると彼はおもむろにメイン(人数分しか数がない)に箸を伸ばし、 
ドカッと自分の取り皿に殆どをさらってしまった。 
目が点の他三名。 
アイタターな視線も我関せず、黙々と食べたいものを食べたい分だけ食べちゃう彼。 
以前から?と思うことはあったが、この出来事で完全にアウト。 
先輩が、○○(彼)達も、このままゴールインか~などと話を振ってきたけど、 
思いっきりその場で「ありえないですよー、無い無い!アハハハハ」と全力で否定した。 
深い関係とかになる前に、本性?が分かってよかったと思う。 
この記事の続きを読む

58: 愛と死の名無しさん 2012/03/27(火) 08:33:11.60
参加した兄が微妙に不幸だった話。 

兄は放射線科の医師。マイナーなので知らない人も多いと思うけど、 
「放射線科」という科がある。 
その兄が大学時代の友人の式に出席。 
友人に「席次表に勤務先とかも書いていいか?」と言われ承諾。 

当日。 

歓談の時間になると新郎友人(医師が多い)席に来る新婦友人。 
その中で兄はポツン。友人と話そうとしても、新婦友人が割り込んできて兄の事は無視。 
「・・なんだこの人たち・・」 

しかし披露宴の終わり間際から変化し、二次会では兄にも積極的に話かけてきた。 
それとなく新郎に聞くと 
この記事の続きを読む

412: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/22(水) 15:43:33.37 ID:S1raLd27
やや理不尽冷め 

高校の時の話なんだが 
ちょっといいなーと思ってたバイト先の人に誘われてデートした 
私は歩くのは遅い方ではないのだが、道が混んでいたこともあって私はどんどん遅れていた 
それに気付かない相手がずんずん歩いていってしまい 
はぐれちゃう、と思って人波をくぐって頑張って歩いていたが、相手相変わらずずんずん進む 
結構先に行ってしまってからやっと気付いたらしく、突然立ち止まってキョロキョロされた 
そのキョロキョロする姿に 
この記事の続きを読む

351: 愛と死の名無しさん 2013/05/13(月) 15:14:29.73
従兄弟の結婚式で受付をした。 
長テーブルで、横には新婦側の受付の人達。 
こっちは順調に受付が進んでいるんだけど、新婦側はザワザワ 
何だろうと思ったら、新婦側のゲストの殆どが手ぶら、 
つまりご祝儀を持ってきてなかった 
受付に名前だけ書いてスーッとスルーで席に着く。 
新婦側受付の人はやっぱり親戚の若い人達で、え?え?みたいになってた 

そのまま披露宴が始まっちゃって、新婦両親が来て凄い揉めてた。 
でもその手ぶら友人達は二次会にも参加するようだった 
二次会の開場前に新郎が泣いてる新婦を庇いながらその友人達の所にきて 
「無銭飲食はやめて下さい。食った分は払ってください。」と毅然と言った 
この記事の続きを読む

381: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/22(水) 10:21:20.94 ID:wMN9whLO
向こうから言い寄られて付き合い始めた。 
ある日電話で何の脈絡もなく「あのね、大好きだよ」って言われて???ってなってたら。 
それからひと月くらいして「俺のTwitter見といて」って言われて 
見たら新しい彼女といちゃいちゃリプ合戦してた。 
それ見てわかった事だけど、あの日新しい彼女とペアリングを作りに行ってた。 
新しい彼女が「二人はお似合いね」って私達の事を言ってた人だから、余計へこんだ。 
「ま、そういうことだから」彼にそう言われて恋人関係は終わったけど、それでも心はまだ諦めきれなかった。 
この記事の続きを読む

738: 愛と死の名無しさん 2012/11/17(土) 01:28:51.99
朝9時の挙式に行くため4時起きで家人に車で送ってもらい 
7時前に美容院で着付けヘアーメイク(県外だったので時間外料金まで徴集された) 
結婚式が終わると、移動時間約1時間弱の所へ集合と言われ 
自腹でタクシーで移動(和装だった為) 

披露宴開始12時~終わり15時の予定が集合写真がもたついて16時前 
引き出物は、どんぶり一個と色が怪しいマカロン詰め合わせ(○天でしか買えない) 

新婦39才(超デブ)な癖に、白無垢→ピンクのドレス(背中ボンレスハム)→ウエディングドレス 
高くて有名な式場なのに、テーブルにも新郎新婦の席にも生花(制花)がなく 
削っちゃいけない所を削っているケチ臭い式だった。 



この記事の続きを読む

339: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/21(火) 23:22:00.93 ID:HcLNHkPa
こういうパターンも生まれ育ちの違い、って言うのかな。 
学生の時に付き合ってた二つ上の彼氏、 
某大学スポーツの選手だった都合上、学生寮暮らしで 
付き合い始めてしばらくしたら私のアパートに入り浸るようになった。 

彼の故郷は玄関にカギかけないし近所の人は庭先から出入りするし 
カーテン?なんで家の中隠したがるの?みたいな長閑なところ。 
対する私は中2まで転勤族の社宅族家庭でその後もマンション暮らし、 
「壁ひとつ向こうで他人様が静かに暮らしてる」と叩き込まれてきた。 
上京後も、大通り沿いとは言え閑静な住宅地のアパート住まいだったし。 

この記事の続きを読む