2014年07月

647: 愛と死の名無しさん 2008/07/26(土) 13:15:17
新郎新婦がちょっぴり不幸だった話。 

都内某有名ホテルで盛大に行われた結婚披露宴。新郎はM商事、新婦は某航空会社のスッチー。新郎新婦とも二十代半ば。 
会場がどんな空気だったか、おおよそ想像はつくと思う。 
この記事の続きを読む

409: 恋人は名無しさん 2012/11/06(火) 15:30:55.31 ID:xJrJLd070
彼女が某乙女ゲームのキャラクターにゾッコン 
そのキャラの関連グッズを買いあさって金欠になり、俺との予定は全部キャンセル 
当日は俺がおごるよと言っても「悪いし、男に平気でおごらせるような女になりたくない」と頑なに拒否(後日ゲームの続きをやりたいがための方便だったと人づてに聞く) 
「○○(キャラの名前)と結婚したい」「○○が現実にいればいいのに」「○○は私の理想」と俺に対して平然と言ってくる 
電話で冗談交じりに「俺とその○○どっちが大事なの?」って聞いたとき「え?ゲームのキャラに嫉妬してんの!?かわいい!」とはぐらかされた 
その後キャラとの妄想デートプランを嬉々として語ってきた時はグッズの買いだめのせいで一ヶ月ほど会えてなかったことも手伝って、さすがに怒り気味で文句を言ったが「なんで怒るの!浮気じゃないじゃん!意味わかんない!」と逆切れ 

実体がないから浮気じゃないと平然と開き直ってくる傲慢さと、仮にも彼氏をゲームキャラ以下だと言外に言い放つ無神経さに冷めた 
あまり人の趣味に対してごちゃごちゃ言うような真似はしたくないけど 
たかがゲームで冷める俺の器が小さいのかもしれないけど 
もう無理

33: 愛と死の名無しさん 2012/07/23(月) 17:39:06.08
見た、ではなく伝聞だが、報告も夏枯れ気味なのでご容赦を。 

ロコセレブを気取る新郎。メインの演出は自分紹介のミニ番組。 
(夫婦紹介ではなくあくまで新郎オンリー) 
仕事を頑張るボク(開業医)、趣味を楽しむボク、素顔のボクなど 
ボクボク尽くしのあとに、いきなり画面に松田聖子。 
「ボクが最高に尊敬する人です!50歳で再々婚ってすごい! 
ボクも聖子ちゃん目指して頑張ります!」いきなりの宣言。 

実は新郎は再婚。再々婚目指す?今日隣にいる新婦の立場は…と 
仕事関係で出席した人々(やむなく出席らしい)、ドン引き。 
しかし新郎が新郎なら新郎友人も友人で 
目の周りにクマつくった友人がスピーチで開口一番 
「昨日、浮気がばれて妻に殴られましたあ☆」 
大受けの新郎&新郎友人。みんなこれでアラフィフというからビックリ。 

この記事の続きを読む

857: 恋人は名無しさん 2012/11/14(水) 18:39:14.56 ID:IOjcw7B60
自分の財布が無くなったのを母親のせいにしてた。 

母親が彼の財布を使って(彼は車の番をしていた)買い物をした時に無くなったと。 
結局自分が見失っただけで部屋にあったんだけど、 
それまで母親が無くしただの周りの人が盗んだだの 
周りのせいばっかにしてまともに探さなかったり確認したりしなかった。 
彼が言うにはお店にいたエアコン業者が盗ったはずらしい。 
エアコン直しにきてついでにそこの客の財布とるのか?あほなのか?と 
言っても聞き耳持たず。 
見つかったあともちゃんと渡してくれなかった母親のせい!とか言い出して 
おまえは何を言っているんだ状態。 

財布無くしたのも面倒見なきゃならないのかーと思ったら 
急に未来を感じられなくなったんだと思う。驚くほどスーッと冷めた。

この記事の続きを読む

793: 愛と死の名無しさん 2009/10/01(木) 01:39:19
2階バルコニーからのブーケトス。 

毒女達から手も伸ばされずボテッと地面に落ちたブーケ。 

見かねた新婦母親が拾いに行く→困った揚句近くの毒女に押し付ける→毒女エンリョがちに断る 


かわいそう、ママン

この記事の続きを読む

694: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03 13:36:14 ID:fye1/F4J
昔はお礼は2回言う、が礼儀だったのだが…(その場で1回、後に礼状で1回)。 
ほんとにここは女性に厳しいインターネットですねw 

自分のサメ話。 
以前とあるネトゲを一緒にやっていたのだが、彼氏は飽きてやめてしまった。 
それ以降まだそのゲームをやっている私を何かに付けけなす。 
ゲームを話を振られてそれに返すと、「信者乙」だの「熱心だねぇw」などと言ったり。 
いい加減ウンザリしたので私もやめる、と言ったら 
この記事の続きを読む

914: 愛と死の名無しさん 2013/03/29(金) 18:04:07.88
こちらは関西で、出世頭の30代後半独身同僚(モテない訳でもないけど、仕事好きすぎて独身拗らせた系)が、 
東京の本社に引っ張られて3年後、 
なんと東京の資産家の一人娘と結婚するというので、みんな大喜びで東京へお祝いに向かった時の話。 


更にビックリだったのは、花嫁さんは可愛らしい20代前半の娘さんだった。 
ウエディングドレスが似合ってて、まるでお人形さん。 
友人達はもちろん、親族も華やかで、今まで出た数多くの結婚式の中でも、それはそれは素敵なお式だった。 

同僚は「あいつ上手いことやったなぁ」「新婦友人全員可愛い!!」等と大はしゃぎ。 
披露宴も和やかに進み、友人代表の同僚のスピーチへ。 

若干お酒が入りつつも、無難?なスピーチの最後に 
「新郎はとてもいい人ですが、歳の差もあるのに結婚を決めた決め手はなんですか?」と新婦に質問。 
みんなwktkしながら、マイクを渡される新婦に釘付け。 

この記事の続きを読む

126: 恋人は名無しさん 2011/10/07(金) 08:40:29.83 ID:C3i2djQa0
仕事で急用が入ったからとデートの約束を破られた、後日彼氏の友人からAKBの握手会に行ってたことが発覚。 
本人に問い詰めたら、「お前が嫉妬するとまずいと思って嘘をついた。本当にすまなかった」と。 

彼氏がPCでAKBの動画を観ていた時、急に頭にきてコンセント抜いたことはあったけど。 
正直に言ってくれたら私だって寛容な態度をとる準備はあったのに。 
この記事の続きを読む

299: 愛と死の名無しさん 2007/11/18(日) 14:03:53
私の友人だけ不幸な結婚式。 

小中学校のときの同級生同士が去年結婚した。 
地元で式を挙げて、家族と同級生(田舎なので30人くらい)だけが呼ばれた。 
私は仕事の都合がつかないので参加できなかったが。 
ただ、後になって、旧友Aだけが呼ばれていなかったことが分かった。 
新婦は昔からAとはさほど親しくなかったが、どうやら一方的に嫌っていたらしく、 
それで呼びたくなかったそうだ。 
式の最中も、友人たちと談笑しながらしきりに 
「Aっていたじゃん?ほんとウザかったよね」 
「子供が生まれたら、Aみたいに教師に媚びるKYには絶対にならないよう育てる」 
などと言っていたらしい。 
この記事の続きを読む

617: 恋人は名無しさん 2011/09/22(木) 12:00:28.46 ID:bS446q6i0
束縛がひどすぎる女(実話・実体験) 
束縛の内容 
・彼女以外の女のアドレスは全部削除 
・アドレスに彼女の名前と記念日を入れる 
・他の女の子と例え他に男がいても遊ぶの禁止。 
・他の女の子と雑談禁止。メール、電話も禁止。 
・どこに行くにも彼女にどこに行くかメールor電話を入れなければならない 
・男と遊ぶのも彼女の許可が必要。 
・彼女からの電話は絶対に出る(でなければ「どーせ浮気してるんでしょ!」とメールが来る) 
・2日に1回は「浮気してない?」って聞かれる。 
この記事の続きを読む

738: 愛と死の名無しさん 2012/11/17(土) 01:28:51.99
朝9時の挙式に行くため4時起きで家人に車で送ってもらい 
7時前に美容院で着付けヘアーメイク(県外だったので時間外料金まで徴集された) 
結婚式が終わると、移動時間約1時間弱の所へ集合と言われ 
自腹でタクシーで移動(和装だった為) 

披露宴開始12時~終わり15時の予定が集合写真がもたついて16時前 
引き出物は、どんぶり一個と色が怪しいマカロン詰め合わせ(○天でしか買えない) 

新婦39才(超デブ)な癖に、白無垢→ピンクのドレス(背中ボンレスハム)→ウエディングドレス 
高くて有名な式場なのに、テーブルにも新郎新婦の席にも生花(制花)がなく 
削っちゃいけない所を削っているケチ臭い式だった。 



この記事の続きを読む

476: 恋人は名無しさん 2013/04/05(金) 20:18:46.38 ID:+7/hxE360
普段から「○○ちゃんの手料理食べてみたいな~w」「バレンタインは手作りがいいなw」と言われていたので 
喜んでもらえたら嬉しいと今年のバレンタインに手作りチョコをあげた 
お礼挨拶を言えない人なのは薄々わかっていたけど 
まさか贈り物をしたときにありがとうの一言もないとは思わなかったよ 
いつものように独り言ぶつぶつ呟きながら、さも当然のように鞄にしまいこまれて一気に褪めた

この記事の続きを読む

374: 愛と死の名無しさん 2009/11/25(水) 10:50:34
本当に私だけが不幸だった結婚式。長文です。 

入社したての頃、職場先輩(新郎)の式に招かれた。 
新郎は若手ながら大きな仕事を任される、将来の幹部候補。 
披露宴も盛大で、順調に成功の階段を登っているなあという感じだった。 
それが、式をひと月後に控えた日曜日のこと。不意に新郎弟から電話が入った。 
実は新郎弟とは高校・大学の同級生、卒業後も偶に飲む仲(今は疎遠)。 
だから気にせず電話を取ったのだが、様子がおかしい。 
やたらとある同僚女性について訊いてくる。 
この記事の続きを読む

649: 恋人は名無しさん 2013/09/11(水) 13:45:29.57 ID:Hibl0Rnc0
1つ年上だった大学の先輩 

付き合い出して半年ぐらいからデートをドタキャンされるようになった 
ほぼ毎回だとショックだと伝えたら、「優先されるような女になれ!自分が俺の中で一番になり続けられるよう努力しろ、つくせ!俺は常に一番の女の用事を優先する!今お前は3番だ」 
と言われて無理だと思った 
実際3股していた 

この記事の続きを読む

13: 愛と死の名無しさん 2008/05/13(火) 01:04:32
別スレで見かけたネタですが… 

一年前に式場押さえて二ヶ月前にはドレスもばっちり決めて余裕の結婚式のはずだった 
式の前日、突然プランナーから電話があって 
「すみません。こちらのミスでドレスを二重予約という形になっていて… 
もう一人の方とは連絡がつかないので、申し訳ないのですが別のドレスに変えてもらえますか?」 

・・・・(゚Д゚)ハァ? 
二ヶ月前にしっかり予約しましたよね? 
なんで二重予約? 
しかも、なんで私が別のドレス? 
この記事の続きを読む

367: 恋人は名無しさん 2013/06/18(火) 10:27:04.01 ID:47p/60RD0
ぶたぎり失礼 
付き合って1年近く 
月に一回しか会えないけど、ご飯がほとんど牛丼屋かファミレス 
たまには焼肉でもって言われてお店を探したけど 
駅から大分歩かなきゃいけなくて 
重い荷物ももってるし歩き回って足も痛いしでそんな気力もなかった 
焼肉ー!って言われて頭も焼肉でいっぱいだったのに 
結局ファミレスになって今回ばかりはさすがに不機嫌な顔を隠しきれなかった。 
遠距離だから他にも金かかるし、別にオシャンティな店に行きたいとかではない。 
連れて行ってもらって向こうがお金出すなら文句も言えないけど 
私がお金を出すほうが多い。 
あまりお金を使いたがらないから、歩き回って疲れて休みたいときは 
私がおごるからあの店入らん?って言ったりするのに 
ささいなことかもしれんが無理だと思った

この記事の続きを読む

914: 愛と死の名無しさん 2013/03/29(金) 18:04:07.88
こちらは関西で、出世頭の30代後半独身同僚(モテない訳でもないけど、仕事好きすぎて独身拗らせた系)が、 
東京の本社に引っ張られて3年後、 
なんと東京の資産家の一人娘と結婚するというので、みんな大喜びで東京へお祝いに向かった時の話。 


更にビックリだったのは、花嫁さんは可愛らしい20代前半の娘さんだった。 
ウエディングドレスが似合ってて、まるでお人形さん。 
友人達はもちろん、親族も華やかで、今まで出た数多くの結婚式の中でも、それはそれは素敵なお式だった。 

同僚は「あいつ上手いことやったなぁ」「新婦友人全員可愛い!!」等と大はしゃぎ。 
披露宴も和やかに進み、友人代表の同僚のスピーチへ。 

若干お酒が入りつつも、無難?なスピーチの最後に 
「新郎はとてもいい人ですが、歳の差もあるのに結婚を決めた決め手はなんですか?」と新婦に質問。 
みんなwktkしながら、マイクを渡される新婦に釘付け。 

この記事の続きを読む

734: 恋人は名無しさん 2011/10/18(火) 05:19:17.58 ID:YJrQ/4l20
彼女にはお酒は控えるように何度も言ってた 

お酒を飲むと記憶がなくなるらしく 
おまけに人にベタベタするから 

しかしある日友達とお酒を飲んで 
案の定記憶がなくなったと謝ってきた 

この記事の続きを読む

363: 愛と死の名無しさん 2012/08/09(木) 14:21:53.68
お花畑新郎母を目撃 

余興の時間に自らマイクを持って「ラブ ミー テンダー」を英語で熱唱 
後ろの家族席から、まるでディナーショーのようにテーブルを廻りつつ 
高砂へ接近、最後は新郎に寄り添うように歌い上げた 


この記事の続きを読む

261: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/29(金) 12:35:34 ID:s+P/W7uj
褒め言葉で思い出した冷め話。 

健康ランドみたいな浴場施設で、それぞれ分かれて温泉入った後落ち合ったときに 
「いいねえ湯上り美人だ」と言われ、ちょっと引いた。 
温泉旅館で浴衣着てって状況ならならまだしも、化粧っけなしで施設で渡された 
ムームーみたいな服着てる姿に言われても嬉しくもなんともなかった。 
この記事の続きを読む